バナナは1本あたり90キロカロリーと低いのに満腹感のある食材です。
たんぱく質、カリウム、マグネシウム、ビタミン、ナイアシン、葉酸、食物繊維、ポリフェノール、セロトニンと美容液や健康食品、サプリメントになるような栄養素がたっぷりと配合されています。
捨ててしまいがちな筋の部分にはポリフェノールが含まれていて、美肌効果が期待できますので残さず食べることをおすすめします。
ビタミンB2が肌を強くしてくれますし、ビタミンB6が肌の潤いや弾力を保ちます。
そしてポリフェノールは抗酸化作用で肌を守ってくれます。
カリウムには利尿作用があり、食物繊維は便秘の解消に役立ちます。
ビタミンB2は脂肪燃焼を助けてくれますので、バナナはダイエットにも効果をもたらします。
マグネシウムは骨や歯を作り、ビタミンB6は血液や筋肉になりますので健やかな成長にも役立ち、バナナがおやつとしても用いられている理由になります。
カリウムは筋肉の収縮を助けてくれますし、ビタミンB1は疲労回復に役立ちますのでスポーツや運動をするときのスタミナ源としても効能があります。
マグネシウムやトリプトファン、セロトニンはリラックス効果を高めてくれますのでストレスにも効能があります。
ナイアシンはアルコール分解してくれますので二日酔いにも効能があります。

1

バナナ1本の栄養やカロリーってどのくらい?

バナナは果物の中でも年中通して店先に売られていて、味は甘くて大人から子供まで大変人気があります。
しかし、他のオレンジやリンゴなどに比べてバナナは酸味がなく甘いのでなんとなく太るイメージがあります。
しかし、実は1本がたったの約80キロカロリーなのです。
白ごはん1杯で例えますと約240キロカロリーなので約3分の1カロリーになります。
とっておきのダイエット食です。
また、時間のない朝に1本食べるだけで栄養が摂れてお腹がいっぱいになります。
それに、お昼のお弁当のデザートとして1本おすすめです。
りんごの様にわざわざ皮をむく必要がないので持ち運びに便利です。
栄養面では、ビタミンやカリウムなどの栄養が豊富なので風邪の予防になります。
また、食物繊維も豊富で消化がいいので便秘に良く効きます。
ただし、注意しておきたいことは、バナナのような南国のフルーツは体を冷やします。
なぜなら、暑い国の人は暑さから逃れるために体を冷やす食べ物の栽培を盛んに始めたと言われています。
ですから、冷え性の方や冬の寒い時期はあまり積極的に摂取しない方が良いです。
常温あるいはケーキなどに焼き込んでしまう場合は問題ありません。
どうしても食べるなら気温の高い昼間がおすすめです。

2

バナナダイエットの方法とやり方を教えて!

バナナダイエットの効果を高めるための方法とやり方をしっかり理解した上で行うことが求められます。
日頃の不摂生が原因でだらしない体になってしまったため、ダイエットをしようと考えている方が結構いるかと思われます。
バナナダイエットは負担が少ないので、良い選択だと評価できます。
それでは正しい方法・やり方について見ていきます。
昼食や夕食で食べる人がいますが、ベストなのはやはり朝になります。
なぜかというと、胃が空っぽになっている朝が1番バナナのメリットを活かすことができるからになります。
脂肪燃焼が活発になる、便通が良くなる、食欲が抑制される等の効果があるので、朝に食べるというルールは守ってください。
やり方はシンプルでバナナと水を飲むだけになります。
せっかくカロリーを抑えているので余計なものを摂取するべきではないです。
昼食と夜食は普通通りに食べて大丈夫です。
3食全てバナナを食べる方法を実践している方がいますが、栄養の偏りが生じたり、体調に問題が起きる可能性があるので、朝以外はしっかり食事を摂ってください。
お酒も適量程度であれば飲んでも構いません。
ただ、夜の8時以降の食事は脂肪が付く原因になってしまうので気をつけなければいけません。

3

冷凍保存の仕方を教えて!

バナナの正しい冷凍保存の仕方をご紹介します。
バナナを買ってきたけれど、知らないうちに真っ黒になっていて食べられなかった、という経験をお持ちの方もいらっしゃるのではないでしょうか。
バナナを常温保存する場合の賞味期限は、夏場で2、3日、冬場で約1週間です。
その期間内に食べきれない時には冷凍に切りかえることをおすすめします。
約1か月間保存することができ、またポリフェノールが二倍になるという嬉しいメリットもあります。
冷凍の仕方ですが、そのままではなく皮をむいて、一本ずつラップで包んで冷凍庫に入れます。
バナナは13度以下の場所に置くと成熟が止まってしまうため、まずは常温保存し、黒い斑点が出かかった時に冷凍に切りかえると最も美味しい状態を保つことが出来ます。
また、レモン汁をかけておけば変色するのを防ぐことが出来ます。
保存の仕方で味も見た目も大きく変わってきますので、是非この少しの工夫を試してみてください。
食べるときは、解凍してしまうと水分が出てベチャベチャした食感になってしまいます。
シャーベットとしてそのまま食べるか、ミキサーにかけてジュースやスムージーにすると美味しく頂くことが出来ます。
前もって一口大に切っておくと使う時に便利なのでおすすめです。

4

レンジで簡単にできるバナナレシピを教えて!

バナナはジュースに入れたり、そのまま食べたりするのが基本で、自宅ではパウンドケーキに入れたり、ホットケーキに入れたりするくらいになります。
栄養価が高く、朝ごはん代わりにもなりますし、スムージーに利用すれば自然な甘味が楽しめます。
お店はパフェやタルトといったおしゃれなスイーツとして登場しますが、自宅ではなかなかそこまで手が回らないというのが現実ではないでしょうか。
手間をかけずに簡単でおいしく食べられるバナナのレンジレシピを探してみました。
おすすめはホットバナナです。
温めたバナナ?と思うかもしれませんが、黒くなってどろりとしたバナナが好きな人におすすめです。
厚めにカットしてレンジでチンすれば、ほかほかになります。
お好みではちみつやシナモン、レモン、ココア、あんこなどをかけて食べれば立派なスイーツになります。
カットしてチンするだけですので簡単ですし、レンジを利用するだけなので安全です。
このレシピを応用したのがトーストにのせて食べるレシピです。
チンするときにバターを落とすところがポイントになります。
トーストしたパンにのせるだけで朝食にもおやつにもなります。
簡単ですし、コンデンスミルクの甘さと相性ぴったりです。

5

関連サイトの紹介

バナナを使ったダイエット方法について上で紹介しました。
最近では、漢方を用いて脂肪を落としたいというニーズもあります。
生漢煎という漢方があります。この漢方についての詳しい情報はこちらの生漢煎の口コミのサイトで紹介されています。